● 歌イビトの記。

 
 
無伴奏・独唱の【歌イビト語ル】こと、タッシー田代が記す、徒然。

※スマホ版は大変見づらいようです。最下部リンク[PC版に切り替え]からご覧下さい。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# ビートルズとウルトラマンと私の7月

 


7月がやってきた。


今年はビートルズ来日50周年とのことで、色々と盛り上がりをみせている。




ビートルズの日本滞在は、1966年の6月29日から7月3日まで。
その期間、日本はビートルズ旋風で大騒ぎだったそうだ。
どれだけの騒ぎだったかは、私なんかがここで書くより、専門サイトの膨大なエピソードをご覧いただいたほうが良いと思う。




当時の記者会見場となったのはヒルトン・ホテル(現キャピタル東急ホテル)地下の「紅真珠の間」。
余談ながらこの25年後、音楽雑誌編集の仕事をしていた私は、ジョージ・ハリスン&エリック・クラプトンの来日公演の記者会見時、同じ会場=この伝説の会見場に立ち入ることができた。記者席の最前列に陣取り、ジョージとクラプトンの姿を目の前でガン見したっけなぁ笑笑笑笑!


さて、

そのビートルズ来日の盛況から2週間後、日本のお茶の間のテレビの中に、革新的な、永遠のヒーローが誕生した。

ご存知『ウルトラマン』だ。




もはや知らぬ人はいない特撮空想番組。
50年以上もの間、今もなおシリーズが継続している(派生シリーズでギネス認定)。

特別番組の「ウルトラマン前夜祭」が7月10日の放映。
記念すべき第1話の「ウルトラ作戦第一号」が翌週7月17日。
さらに、あのバルタン星人が衝撃的な “地球デビュー” を果たした第2話「侵略者を撃て」が、7月24日のことだった。





そしてその日、

私が、この世に誕生した。



ビートルズが来日し、ウルトラマンが始まり、私が生まれた「1966年の7月」。

当時は戦後20年を経て、高度成長に拍車がかかり、まさに「時代が音を立てていた」ような勢いの日本。

そんな時代に、私の産声は上がった。


50年間の歳月にしごかれ、波乱や紆余曲折の果てに、まもなく私は、節目の時を迎えようとしている。

祝ってもらおうだなんて、ちゃんちゃらおこがましい。

むしろ菓子折り抱えて、世話になっている方々に感謝の挨拶回りをしたいくらいだ。



引き続き私は独り、 伴奏なしで歌唱する者として、

今を懸命に生き続け、 世の中の役に立つことで、

音楽への恩返しを、 ただただ実践していきたい。



------------------------








 

 

| - | - | 23:01 | category: Others |
# パンフ。


自分のワンマンライブが行なわれる時は、ほぼ必ず、御来場のお客様に配布する「パンフレット」を用意する。

私の場合、雑誌編集の仕事をしていた頃のノウハウがあるので、レイアウトもデザインも、外注せずに自分でDTPする。
ただしプリンターがないため、紙出力は “モリトモ印刷工場” にお願いしている(笑)


御来場者用パンフの作成は、PONYの “テントショウ時代” から始めた。



最初のパンフは、恐らく2004年の、DVDにもなった『史上空前のテントショウ!』だったと思う。

それまでは表面ペラ1枚の、次回ライブのフライヤーくらいしか配っていなかったが、告知のみならず、演劇要素の導入や大所帯のメンバー紹介、そしてコンセプトの明確化を掲げる意味で、とても有効な媒体となった。
主にライブハウスしか出入りしていなかった自分が、演劇小屋にも足を踏み入れたことで、発案できたことだった。

あの頃から比べると、最近の歌イビト用パンフは質素なもんだが、当時のそれは一大イベント企画的な催しだったから、かなり派手に作りこんでいた。カラーで、結構いい紙を使ってたなぁ(笑)


歌イビト語ルになってからの、最初のワンマンから数回は、一夜限りの限定数ということもあったので、一部ずつ、予約されたお客様ひとりひとりに向けたメッセージを手書きしていたりしたものだ。

30名様の予約の場合、そのご予約リストを片手に、30人分のメッセージを個別に書いていったから、かなりの時間と労力を要し、しかしそれが本来あるべき姿だと認識していた。

今でもその気持ちは変わらないが、さすがに公演数の増加や地方遠征となると、なかなかその工数をかけることも難しい。

でもやっぱり、配布物はパーソナルな要素を持つことで初めて価値が高まるわけだから、今後もずっと、新たな「その人だけのもの」を模索する作業を怠らないようにしようと思っている。




そして昨日、やっと札幌ライブ用の版下入稿を済ませた。

私と森りっちゃんの、札幌ライブに向けた挨拶テキストや、トワ金の告知などが盛り込まれている。

ここ数日のうちに、モリトモ印刷工場にて出力されるだろう。

そして、印刷されたパンフ達は、いつものように、あの『銀時計を探せ!の抽選番号』がナンバリングされるのを、今か今かと待つのである。

やがて本番を迎え、選ばれた番号のパンフは、その該当のお客様と共に、私のライブを盛り上げて下さるのだ。



札幌ライブまで、あと二週間。




−−−−−−−−−−−−−−−−
【歌イビト語ルの新たな動画が公開されました】

 『人生喜劇ブラボゥ』
 ⇒ https://youtu.be/XPTc5O4QaWA







 
| - | - | 01:31 | category: Others |
# 焼きたらこ半生、の後日談



30歳ほど年下のダチがいる(笑)


先日の、タシロと彼の会話。


友「タッシーさんブログ読みました」

タ「おおありがとう」

友「なんスか、焼きたらこの “はんせい” って」

タ「え、あ・・・それ、ハンセイじゃなくてハンナマだね」

友「あー、ハンナマっすか・・・」


なるほど「半生」って書くと確かにそう読める。

てことはアレだ、
逆にハンセイって書いたつもりが、
ハンナマと読まれる場合もあるってことか。


『ジョン・レノンのハンナマを描いた映画、遂に公開!』


『伝説の画家ゴッホのハンナマを綴った研究書』


『我がハンナマの記録』



・・・ ぼんやりウケる(笑)



北海道ライブまであと約20日。



−−−−−−−−−−−−−−−−




| - | - | 13:12 | category: Others |
# なかなか進まぬ日々だけど


本来なら、ライブのない4〜5月の日々をつかって、いろいろやりたい作業があったのだけれど、今回の背骨の圧迫骨折でほとんど棚上げになってしまっている。
歌イビト語ルの動画、新たなプロモーションの展開、歌詞ページの設立、ラジオ音源の削除分/残存分の表示更新・・・
そして、中途半端のまま、重たいものを持ってはいけないために進められなくなってしまった、部屋の模様替え・・・

ぬぅ・・・
まぁ仕方ないかな・・・。

「そんなにアクセクやってもアカンぞよ、今はゆっくり、己を見据えなはれ」ってことなのだろうか。

でも確かに、今この手に残っているタネを強引に蒔き散らすんじゃなく、まずはこれから蒔こうとしている「タネそのもの」を、もっと良質なものにしていくべき時期なのかもな、という気はする。

そのためには、この毎日、とにかく多方面から学ぼうとすることが大事だよな、と思う。




------------------------



 
| - | - | 23:50 | category: Others |
How Does It Feel ?
Next Live !
【歌イビト語ル】


〜半年間、月イチのワンマン〜

★8月22日(火)夜 ほか

中野 鷺ノ宮
小劇場じゃがいも村

・各日限定30名様
▼ご予約受付中▼
こちらから!



☆詳細は
公式ページ

Categories
Mobile
qrcode
【動画公開中】
無伴奏・独唱
歌イビト語ル
『人生喜劇ブラボゥ』


Search this site
Sponsored Links