● 歌イビトの記。

 
 
無伴奏・独唱の【歌イビト語ル】こと、タッシー田代が記す、徒然。

※スマホ版は大変見づらいようです。最下部リンク[PC版に切り替え]からご覧下さい。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ありがとう鷺ノ宮(両日/オフステージ写真) | main | ありがとう志音祭2016 >>
# 音を浴びる日々/いよいよ志音祭

 

 

 

▼ Apple Music
 

 

先日のラジオでも話したけれど、なにかとApple Musicな日々である。

最初は手頃に、「メロウでキャッチーな曲はないかな〜」くらいの気持ちで、ニック・ロウやブリンズレー・シュウォーツあたりを軽く探し始め、昔から聴きたかったバッドフィンガーやラズベリーズの未聴アルバムに手を伸ばした。

すると、「これが好みのアナタにおすすめ」みたいな誘導があって、それを聴きながら辿っていくうち、あれよあれよという間に、自分のスマホの中が「甘い胸きゅんメロディ」のブリティッシュポップだらけに(笑)

特に初めて聴いたバタースコッチという、ポップス職人のユニットによる唯一のアルバムは、どれも心くすぐるキャッチーな曲ばかりで、いやはや、もうメロメロだ。

英国の良質メロディつながりでいくと、スタックリッジなども非常に素晴らしく、こんな旋律に新たに出会えた喜びを感じずにはいられない。

 

 




ほかにもキャッチー系ではFASTBALLの未聴盤、エジソン・ライトハウスやホワイト・プレインズなどにも掘り出し物の佳曲がどっさりあった。

「コック二ー・レベルなんて、19歳くらいの、専門学校時代に池袋の同僚んちにわざわざ聴きに行ってたよなぁ、懐かしいなぁ」など、いわゆる『ずいぶん昔に一度聴いたことがあったよな』的なアルバムに再会できるのもまた嬉しい。

とはいえ、毎日毎日キャッチーな曲ばかり聴いてるとだんだんアーパーになってくる気がするので、多少は学術的な方向(笑)にも手を伸ばす。

なんと、アーキフォン社のカタログで超絶に気になっていた、19世紀末の発掘音源集3枚組があるではないかΣ(゚д゚lll)

さらには、サウンドクリエイターのスティーブ・ローデンが編纂したという、噂の戦前SPコレクション集までもが配信されていて、ストーブパイプNo.1の録音(ストーブの煙突管で演奏している)などのカルト的な音源を、遂に聴くことができた。

長年、聴きたくてもサイフの都合などで聴けなかった音源にありつけるというのは、かなりの喜びだ。






こうなったらシラミツブシに聴きまくりたいゾとなるのが自分の悪いクセで、この数週間、時間とWi-Fi環境さえあればジャンルからジャンルへ、芋づる式に、配信リストを渡り歩く。

何はともあれ聴けてない新譜を!ということで、ボブ・ディランのシナトラ曲カバー集、ノラ・ジョーンズもロン・セクスミスも、気になっていた新譜をココゾとばかり漁りまくる。

三ヶ月のトライアル期間なので、これらすべてのダウンロードが無料・・・。

ふと我に帰ると、アーティストへの報酬とかは大丈夫なのか・・・など、いろんなことが気になってくる。
とにかく簡単に、超安価で、聴きたい音源を入手できるようになってしまった。

音楽を作る側も、売る側も、買う側も、

1曲1曲に対する価値観の変容は免れられないだろう。

いやホントに、えらい時代になったものだナ・・・。

まだまだ聴き漁りの日々は延々と続くわけだが、ここ数日はバルカン半島系の曲を探しまくっている状況。
その流れで、やっとベイルートの一枚目も聴けたし、全然知らなかったグループにも、バンバン出会えている(例えばジプシー系のナダラなど。実に最高だ)。

久しぶりに、音楽を猛烈に浴びているような感覚。

このおかげで今後、特に洋楽は、ラジオの生放送中に入ってきた突発的なリクエストにも多少は対応できるだろう(邦楽のラインナップはまだまだ、といったところだが)。

 


 

 


▼ 志音祭が近づく
 

 

さぁ、今週の土曜日11/12ということで、いよいよだ。

毎年、ありがたくも出演させていただいている、志学会高校の文化祭。

三年前にご依頼いただき、恐縮ながら私が書き下ろした「心の窓」は同校のイメージソング。
もちろん今年も歌わせていただく。

昨年は、夕方から九段下でのイベントでダブルヘッダーだったため、歌い終えてすぐに移動という感じだったが、今年は最初から最後まで、私自身も楽しませていただこうと思っている。

何しろ、「うめぼしのうた」でお馴染みのモモンガ宮川さん率いる元気バンドや、フラワーラジオ日曜日の番組をお持ちの谷介さんともお会いできるので、とても楽しみである。



歌イビト語ルの出演は14:55頃から(なんとトリ)。

入場無料ですんで、お時間ある方は是非、お越し下さい。

東武動物公園駅からのスクールバスは
【10:20、12:30、14:30】の三本です(帰りも運行あります)。

詳しくは特設ページ ⇒ こちらへ。

 

 

 

何とぞ宜しくお願い致します!

 

 

 

------------------------

 

 

 

 

 

| - | - | 03:09 | category: Music |
# スポンサーサイト
| - | - | 03:09 | category: - |
How Does It Feel ?
Next Live !
【歌イビト語ル】


●トワ金1000回記念ライブ
 歌イビト語ル/真之輔/
 神近まり/フライフラワーズ
 →2019年12月7日(土)
  ※昼13時〜
  ※限定30名様
▼ご予約受付中▼
こちらから!



☆詳細は
公式サイト

Categories
Mobile
qrcode
【動画公開中】
無伴奏・独唱
歌イビト語ル
『人生喜劇ブラボゥ』


Search this site
Sponsored Links