● 歌イビトの記。

 
 
無伴奏・独唱の【歌イビト語ル】こと、タッシー田代が記す、徒然。

※スマホ版は大変見づらいようです。最下部リンク[PC版に切り替え]からご覧下さい。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 生きもの | main | ありがとう練馬! ふじみ野! 鷺ノ宮! >>
# さらば【T7】 ようこそ【T9】


今年の秋で17周年となる私のラジオ番組で、

2008年から約9年間も続いたコーナーが、先日、最終回を迎えた。

そのコーナーの名は、

『タッシー田代の徹底的にTVテーマ」

通称【T7】(ティーセブン)

確かこの命名は神近まりちゃんだったような記憶が・・・(笑)


コーナーの概要を簡単に説明すると、

「昔懐かしい子供向けTV主題歌を、音楽の側面から検証する」という内容。

取り上げるのは1950年代のTV黎明期から1970年代末まで。

毎回一作品を紹介し、その主題歌について考察を深めるという企画。

アニソンや特撮ソング、または子供向けバラエティ番組の曲など、

王道メジャー有名作からマニアックなカルトものまで津々浦々、

その約9年間で、だいたい450曲を紹介してきた。



初回は2008年の4月第一金曜、森りっちゃんとの放送で、

「鋼鉄ジーグ」からスタートしたあの時のことは、よく覚えている。

“子供の頃はフロシキが一枚あれば何にでも変身できた。

それがどうだい、

大人になったらそんな想像力もなくなって…” とか、

けっこう横柄なことを言っていたような記憶が残っている(笑)


振り返ってみると、いろんな思い出があるものだ。


神近まりちゃんとの放送回で、

「アストロガンガー」を紹介しまくったあと、

ディスクエラーで再生不可となり、

曲だけ「マジンガーZ」を流したことwww


再び神近まりちゃんとの放送回で、

「花の子ルンルン」を紹介しまくったあと、

ディスクエラーで再生不可となり、

まりちゃんに生歌で歌ってもらったことwwww


守友くんとの放送で、

「あしたのジョー」を紹介しまくったあと、

ディスクエラーで再生不可となり、

仕方なく自分の生歌でごまかしたことwwww



ほとんどディスクエラーの思い出ばかりかよ(笑)



あ、

番組10周年の時、ゲストにゴールデン鈴木氏が来てくれて、

事前に「恐竜戦隊コセイドン」を譜面に起こしてくれてたこともあった。


ほかにも、録音が正常にされていなくて、

「機動戦士ガンダム」の紹介内容が幻の音源になったり、

2011年に紹介していた「男どアホウ!甲子園」を、

なぜかもう一度、2013年に再び取り上げていて、

後日、リスナー様のご指摘で「どアホウ重複」が発覚したこともwwwww




​こうして回想すると思い出がとめどない・・・・




最終回に近づいた、残り数回のラインナップはすごかった。


「月光仮面」からの「8時だョ!全員集合」ときて、

「サザエさん」そして「ドラえもん」、

そしてそして、最終回は「鉄腕アトム」だった。


このラストは、2008年の開始時には予想もしていなかった感慨深さが、

ぐあーっと下から込み上げてくるのを感じた。



最終回の翌週は、総集編というか、宴会パーティー(笑)というか、

これまで紹介してきた約450曲の中から、

独断と偏見と愛情で選び抜いた102曲を、連発メドレー形式で、

番組の編成を大幅に変えてオンエアさせてもらった。


これもまた、音楽への恩返しの一環として、

一生懸命に考えたプログラムでお届けした内容だ。


▼こちらで聴けます▼
特別企画 〜 ありがとう【T7】 懐かしの子供向けTV主題歌
燃える炎のメドレー102連発!(リスト付き)

http://tassee-radio.jugem.jp/?day=20170728


1950〜70年代当時のサウンドや、素晴らしいアレンジ、

ミュージシャンたちのすごい演奏、そして歌声の数々を、

これでもかと、存分にお楽しみいただけたらと思う。


まぁ、さすがに時間の制限があるために、

無念にも断腸の思いで選出から外した曲もたくさんある。

そんな、流せずに悔し涙を飲んだ曲は、
ガッチャマン、シルバー仮面、バビル二世、ジムボタン、バロム1、
チキチキマシン猛レース、ガイスラッガー、仮面ライダー、かいけつタマゴン、
猿の惑星、怪獣王ターガン、カゲスター、冒険ロックバット、忍者キャプター
ほかにもまだまだ・・・・

挙げればキリがない。


しかしとにかく、

我々の世代を育て上げてくれたのは、両親や先生の教えの他に、

こうしたTV番組やその音楽なども、成長のためには欠かせない、

とても特別な“要素”だった。


またこれらの曲の作家たちは、クラシックやジャズといった、

西洋のポピュラー音楽に対する造詣が非常に深く、

よく聴けば、単なる子供向け音楽で片付けられない魅力に溢れている。


これらの楽曲を残して下さった作曲家、作詞家、アレンジャー、

演奏ミュージシャン、歌手、録音エンジニアの方々、そして、

彼らに影響を及ぼした無数の先人たちに、心から感謝、感謝、感謝。



そして、このコーナーを支えて下さった皆様にも、

この場を借りて厚く御礼申し上げたい。



特に、【T7】をいつも熱心に聴いて下さっているという、

ラジオネーム“en-yasu”さんには、多大なるご支援をいただいた。

前述の「どアホウ重複」のご指摘、また音源&資料のご提供など、

en-yasuさんの支えがあってこその【T7】だったと思う。

本当に本当に、有り難うございました。



・・・で、


いよいよ次回放送(8/11)から、続編&拡大企画という感じで、

『タッシー田代の徹底的に、あ〜んど多角的にTVテーマ」

通称【T9】(ティーナイン) がスタートする笑笑笑笑笑笑


主題歌(オープニング曲)だけにとどまらず、

これからはエンディング曲や挿入歌・劇判というような世界にも、

恐れることなく踏み込んでみようという主旨だ。


きっとまたen-yasuさんにもご指南を賜ることもあろうかと思うが、

とにかく皆さんにご愛顧いただける企画になるよう、努めて参る所存。



とりあえず、

これで【T7】の有終の美、さらには「きずなウォーク2017」の放送も、

どうにかこうにか、無事に努めさせていただくことができ、安堵している。


やっとようやく、8月の歌イビト公演ラッシュに没頭できる日が到来した。

まずは14日の練馬BEーBone/軍鶏八ライブ、

そして19日のふじみ野産業文化センター/産文フェスと続き、

いよいよ、久々の完全単独公演となる22日の小劇場じゃがいも村。

“歌イ語リ”というような書き下ろしの寸劇の台本も完成し、

すでに猛リハーサルのモードに突入した。




全力で頑張っていこうと思う。




まぁ、そんな感じで、

今後とも、トワ金&歌イビト語ルを宜しくお願い申し上げます。



〜追記〜
en-yasuさんのブログでは、
過去の【T7】のレビュー等をご覧いただけます。
http://blog.livedoor.jp/live4die-side2/
なんと、今回のメドレー102連発に関して、
「いつのT7で紹介されたか」まで明記されています!
超オドロキ&感謝であります!



-----------------------------------------------



 
| - | - | 17:32 | category: Radio |
# スポンサーサイト
| - | - | 17:32 | category: - |
How Does It Feel ?
Next Live !
【歌イビト語ル】


●トワ金1000回記念ライブ
 歌イビト語ル/真之輔/
 神近まり/フライフラワーズ
 →2019年12月7日(土)
  ※昼13時〜
  ※限定30名様
▼ご予約受付中▼
こちらから!



☆詳細は
公式サイト

Categories
Mobile
qrcode
【動画公開中】
無伴奏・独唱
歌イビト語ル
『人生喜劇ブラボゥ』


Search this site
Sponsored Links