● 歌イビトの記。

 
 
無伴奏・独唱の【歌イビト語ル】こと、タッシー田代が記す、徒然。

※スマホ版は大変見づらいようです。最下部リンク[PC版に切り替え]からご覧下さい。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ありがとう、開局20周年。 | main | 回帰と前進。 >>
# 諸々ありがとう、五月。

 


四月のハードスケジュールから一転、

五月は一本もライブが入っていなかった。


中旬には、

ラジオ局で非常に世話になっているクゥ先生の通う音楽スクールの発表会があって、

クゥ先生の、初舞台での勇姿&美声にめっちゃ胸アツとなり、さらに、

そのスクールの、ボーカル部門の「講師」である神近まりちゃんが、

なんとベースクラスの「生徒」として、ベースを抱え、弾きながら、熱唱。

役職のプライドや見栄や威厳なんかを一切排除した上で、

「発表の場に出る生徒さんたちの立場」にも配慮できる、彼女のたたずまいに感服した。

簡単に真似ができることではない、いや、誰一人として彼女の真似はできないと思う。

私にとって、その光景はとてもとても、感動的な瞬間だった。






発表会のエンディングには、なぜか私や、同席した守友くんもステージに(笑)

生徒さんたちとのセッションを有り難くも楽しませていただいた。

こうした、「音楽」そして「演奏」を通じた交流の場には、無縁の可能性がある。

きっと運営は大変なんだと思うが、そのぶん意義深い、本当に素晴らしいことだと思う。

今回、スクールの講師の方々とも知り合うことができて、まりちゃんに感謝感謝!





まぁこういった突発的なこと以外、五月は実質、ステージに上がる機会もなかったわけで、

それならそれで、余裕ができて、さぞかし悠々自適な日々が送れる・・・・

と思ったら大間違い!



あぁ、そうなのだ、五月も怒涛&ヘヴィーな日々だったぁ〜。




▼ 母、横須賀を去り、埼玉に。


そう、五月は、なにしろ、母の引越し月間だった。

日々の中で、少しでも空いた時間は、全て、これに費やした。


まず、四月からゴールデンウィークにかけて物件を探し歩きまくって、

なんとか、自宅から4〜5分の圏内に、いい部屋を見つけることができた。



その物件の契約手続きにはじまり、電気、ガス、水道、電話、

転出届、転入届、住民票、印鑑証明、マイナンバー、

引越し業者とのやりとり、不動産屋の書類もろもろ・・・


さすがに83歳の母にこれらを手続きさせられるハズもなく、

ここは長男として奮起せねばならなかった。

が、

上記に加え、市営住宅からの転居のため、

予想以上に面倒な展開が待っていた(泣)

というか、横須賀市の市営住宅からの転居が、こんなにブルージーだったとは・・・

正直言って、市営住宅に住む低所得者&老人をムゲにしているとしか思えない。


●畳の張り替え
転出の際は必須だそうだ。
しかもパンフレットに掲載の3〜4業者から選んで発注しろと言う(談合癒着?)。
発注してみたところ、「だいたい張り替えには14〜15万かかります」とのこと。

・・・・15万だと??

その価格が当たり前になっていること自体が到底理解に苦しみ、
ヨメが別業者を探して依頼&取材してみたところ、
「表面だけなら数万程度で済むんですが、内側が・・・・」だそうで、
なんと、表面だけ張り替えて内側を改修しないまま、
繰り返し「表面+内側の改修代を請求」し続けてくるケースが多いと言う。
要は、
入居の時は、畳の表面はキレイでも、内側がボロボロの状態で住み始め、
転出の時に、内側の改修代も払わされるというわけだ。ひどいなぁ。
で、
「この状態だと、たぶん当日見積もりの段階で18万円くらいにはいきます」だと!
冗談じゃない、ということになったが、
結局はヨメの依頼した業者が諸々を調整してくれて、どうにか13万に落ち着いた(泣)
・・・・しかし正直なところ、私もヨメも、その13万に対しても納得などしていない。

●風呂釜と浴槽
入居時に設置した時は、5万円かかった。が、
がちゃがちゃと点火する方式の、昭和の風呂釜。今どきマジありえない。
おまけに、
側面が高すぎて、80過ぎの老人には絶対にまたいで入れない構造の浴槽。
結局、2年近くの居住期間、母は一度も湯船につからなかった。
で、さらに、シャワーの出力が信じられないくらいにチョロチョロで貧相。
いやはや風呂だけは、本当に母が不憫に思えて仕方なかった。
それでも、撤去費用には5千円。あほらしい。市営住宅の決まりだそうだ。
依頼できる業者は一社のみ限定。どうなってんだホントに。最悪じゃないか?


・・・ほか、家財道具をすべて出した「入居前の状態」に戻したあとで、
翌日に管理センターが視察に立ち会う、っていう決まりらしく、
何度も埼玉と横須賀を往復するハメにもなった・・・・・とか、
ああもう、色々と書いていたらキリがないくらい。
「毎月安い家賃で暮らせたんだからツベコベ言うな」という姿勢もアリアリで、
んー、ちくしょう、これ以上愚痴っても仕方ないのでこのへんにしとく(笑)



新居に移ってからも、移転先の市役所での手続きはもちろんのこと、

ケーブルテレビの開設やら、家電の買い替えやら、ひかり電話の設置やら、

ひっきりなしに、いろんなあれこれが容赦なく襲ってくるwww

自分のスマホの電話履歴が、久々に業者だらけになったことは言うまでもない。



・・・でもまぁ、どうにか無事に、なんとかなった。

家族、そして弟夫婦にも感謝感謝だ。


おふくろ、ようこそ埼玉へ。

80年以上住み続けた横須賀を去るのは、相当な決断だっただろう。


でも、とりあえず、

私の自宅から近い距離に移転できたことを、まずは喜びに感じよう。






引越しの前夜、

弟は言った。


「これは母ちゃんの引越しじゃなく、田代家みんなの引越しだよ」と。



さすが弟・・・

名言すぎる。



まさに今回の転居は、母や私のみならず、

嫁さんもルリルルも、弟夫婦とその姪っ子も、

とにかく親族一丸となって取り組んだ引越しだった。


こうして皆で乗り越えられたことは、

経験としてすごく大きい、と思えた。





▼ 同時に私は、豊田を去る。


あぁ、それと、五月は、一年半務めた職場(出向先)が、変わったのだった。



なんだかんだで予定より3ヶ月も延びてしまったが、

遂に豊田を去る日がやってきた。

その想いは、色々と複雑ではあるけれど、

TwitterやFacebookに投稿した内容が、私の率直な気持ちだ。


 



たくさんのコメントを賜り、

LINEやメッセンジャーでも労いのお言葉を多く頂戴した。

皆さんのお心遣いに感謝、感謝、感謝だ。



正直、公私にわたり、ロクなことがなかった豊田の日々。

思い出したくもないことが山ほどある。



でも、すべての事柄が己の糧になったことも事実なのであって、

そういう意味では、すべての出来事に感謝すべきなんだとも思う。



最終日は、ささやかながら送別会も開いて頂き、

三月のバンボラ公演に来て下さったマダムたちや、

世話になった方々と共に盛り上がった。


この夜の愉快なことはラジオでも取り上げたので、

もしお暇なら下記の音源をどうぞ(笑) ※音源再生への直リンクです

http://www.utaibitokataru.com/_twilight/180525b.mp3





送別の品をたくさんたくさん戴き、

お花までもらってしまった。

商売道具のノドをお大事に、と言われ、ちょっと高級なハチミツを手渡された時は、

もう色々な思いがこみ上げて、泣きそうになってしまった。




↑ こちらのバラは「サムライ」という名だそうで、

私をイメージして購入したんだそうな・・・・ いやはや、実に恐縮デス。


そう、マダムたちは、基本的に日常は「母」なのだから、

いざとなった時に、めちゃくちゃ人情味に溢れていて、とても優しい。


私は、世に出ようとするエンターテイナーの端くれとして、

こういった方々にも喜んでもらえるパフォーマーにならなくては ・・・と、

つくづくこの夜、思い知らされた。



皆さん、ホントにお世話になりました!

有り難うございました!



・・・ で、

申し訳なくも、新天地の詳細については、ひとまず内緒(笑)

すでにFacebookでは暴露されてしまったのだけど、

この場では伏せさせて頂くとしよう。



新天地には、もう数日ほど出勤していて、

通勤時間はほんの若干、短くなったが、

始発駅からの電車を狙うために早起きするので、

あまり短くなったという実感はないナ笑笑笑笑



▼ 情報誌の表紙を飾る・・・・。


さぁ、そんなこんなの五月だったが、

四週目のラジオでは、四時間単独の生放送もあり、

スタジオで自選10曲をカヴァーし、スタジオでの無伴奏ライブ放送に挑戦した。

引越しや勤務地異動に追われる日々の中、どうにか時間を捻出してスタジオに入り、

ディラン、ビートルズ、トムウェイツ、聖子や、特撮ソングやアニソン、

さらには六月の北海道ツアーに同行いただくColor Sugarの名曲を歌った。

★その日の音源 ⇒ 
http://tassee-radio.jugem.jp/?day=20180525



そして、月末に差し掛かった頃・・・・

なんと、私が表紙の情報誌が発刊された。





行田・鴻巣エリアのタウン誌『むさしる』の6月号。

フラワーラジオの開局20周年にあわせて、特集が組まれた。

撮影および取材を受けたのは前月4/27の金曜日。

昼間にエルミでフライフラワーズのライブをし、

夕方からトワ金のスペシャル生放送をした日だ。

あの日はバタバタの中、ライブとラジオの合間を縫っての取材だった。


いやしかし、生まれて初めて、冊子の表紙になったが、

正直、こんな男が・・・というか、

これまで色々と、多くの方々に迷惑やお手間をかけてしまっているヤカラが、

この期に及んで表紙になるとは・・・と、

ホントに恐縮この上ない心情。

とはいえ、いやはや、本当に有り難きことだ。


二月には毎日新聞で大きく取り上げられ、

四月にはルリルルとのライブのことが埼玉新聞に載り、

そして五月に、こうして情報誌の表紙&特集となり、

早野局長からは「最近、露出が多くね?」と指摘されてしまった(笑)


また、表紙の私のショットについては、局のスタッフ関係者から続々と、

「若く見えるサギ」や「爽やか系のサギ」、もしくは

「いい人っぽくてサギ」などと、痛烈な批判が相次いでいる(爆)

が、冗談はともかく、まだまだ精進あるのみ、

これからも地域と放送局の発展に貢献できたらと思う。




巻頭の特集記事には、神近まりちゃん、森りっちゃん、

守友くんに千葉綾乃さんの写真も掲載され、

にぎやかなトワ金のオンエア風景も大きく載っている。

(ノスケくんはこの日、大阪ツアーで電話出演だった)


★表紙と巻頭特集 PDFページのダウンロードは コチラ から!



そうそう、

フラワーラジオの開局20周年で思い出したが、

私も表彰状をもらったという写真を、実は森りっちゃんが撮ってくれていた。





それと、最近になって配布授与が始まった、こちらの記念品がスゴい。

なんと、 Personality の文字が刻まれたボールペンで、要するに、

「フラワーラジオに出演しているパーソナリティ限定の特製品」なのだ。




ノスケくんや森りっちゃんにはすでに授与されていて、来週は守友くんにも。

これは実に嬉しい、というか、やはり局の方々のお心遣いが、本当にありがたい。



いよいよ、この秋でトワ金も18周年。

いつも何かあるたびに申し上げているが、

こうして色々な恩恵を頂けるのも、ひとえに皆様のおかげに他ならない。


全てのリスナーの皆様、

全ての歴代の投稿者の方々、

歴代の全てのアシスタント、

歴代の全てのゲストの皆さん、

ラジオ局スタッフと、地域の皆さん、

そして、番組を彩った全ての「音楽」に、心の底から、感謝、感謝、感謝。


さらに、理解と支援を続けてくれている仲間や同僚、家族にも、

この上ない感謝の気持ちでいっぱいだ。



本当に本当に、ありがとう五月!


様々な経験の中で、何度も何度も、自分と向き合えることができた!




さぁ、


いよいよ六月は、北海道。


札幌ライブのほか、DKD中学での校内ライブも決まった。


一心不乱に、進んでいこうと思う。




------------------------------------------------------------------------------------

【無伴奏・独唱 歌イビト語ル】

《今年も決定!六年連続の札幌ライブ2018!》

6月17日(日) 札幌 musica hall cafe
  今年はあのカラーシュガーも参戦決定!
  17:30開場/18:00開演 2500円
  http://www.musica-hall-cafe.com/


《!奇跡の再演!ご予約受付中!お早めに!》

7月7日(土) 中野区・鷺ノ宮 小劇場じゃがいも村
  Opening Actに[真之輔]ふたたび!
  昨年SoldOutだったステージが寸劇『ハモニカ』と共に奇跡の再演!
  14:00開場/14:30開演 3000円
  【限定30名様】※小中学生無料

▼専用予約フォームにて受付中!
https://ssl.form-mailer.jp/fms/46319e0c231180






 

 

| - | - | 18:29 | category: Private |
# スポンサーサイト
| - | - | 18:29 | category: - |
How Does It Feel ?
Next Live !
【歌イビト語ル】


〜半年間、月イチのワンマン〜

★8月22日(火)夜 ほか

中野 鷺ノ宮
小劇場じゃがいも村

・各日限定30名様
▼ご予約受付中▼
こちらから!



☆詳細は
公式ページ

Categories
Selected Entry
Mobile
qrcode
【動画公開中】
無伴奏・独唱
歌イビト語ル
『人生喜劇ブラボゥ』


Search this site
Sponsored Links