● 歌イビトの記。

 
 
無伴奏・独唱の【歌イビト語ル】こと、タッシー田代が記す、徒然。

※スマホ版は大変見づらいようです。最下部リンク[PC版に切り替え]からご覧下さい。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今更ながら10月を振り返って感謝する。(その3) | main | 今年も12月12日 >>
# 11月への感謝と、諸々。

 

 


先週お届けしたラジオの生歌コーナー

【生歌ヒポポタマス】では、

「アンパンマン」のカバーに際し、

かなり内省的に偏ったことを述べてしまった。



各方面から、「良かった」「感動した」との感想を賜ったが、

公的な場所でごく個人的な心情を吐露してしまったことは、情けない限り。



「あんまり公の場でネガティブな発言はしないほうがいいよ」と、

日頃は自分のほうから周囲に言ってるくせして、という感じだが、

今回ばかりは溢れ出てくる気持ちを、どうにも抑えきれなかった。




その時の音源ページはこちら。

生歌ヒポポタマスは〈B〉の音源の、冒頭にて。


http://tassee-radio.jugem.jp/?day=20181130




-----------------------------------------------



すっかり遅くなってしまったが、

11月は、自分にしては、舞台をたくさん拝見できる機会を得た。



まずは、今年の3月にトワ金のゲストで出演して下さった、

武内紀子さん脚本・演出による

『アクノジュージカ』@中野スタジオあくとれ





ラジオでご披露下さった短編が独特な面白さだったので、

あの時の期待を胸に拝見した。


いやはや、さらに独特な武内さんワールドが展開されていて、

お見事&とても楽しかった。


雰囲気的にはシュールさを出しながら、ハートウォームな感触を覚える。

武内さんのような作家は今ではなかなか珍しいのではないか。

ますますの邁進を期待し、早くも今後の作品が楽しみだ。




翌週は、森うたうさんの語り劇を拝見。

『ラブ・レター』@下北沢・音倉






実に素晴らしかった。


数年前、歌舞伎町のBLACKSUNで拝見した時も感動したが、

今回はさらに、もうボロボロに泣いた。


岡部政明さんは歌舞伎町の時にも出演されていて、再度のご登場。

やはり今回も、ただならぬ存在感だった。


もう一人、新澤明日さんは初めてのご出演だが、

とても熱い演技で、グイグイと引き込まれた。

明日さんは数年前にトワ金ゲストで来てくださって以来の再会で、

あの当時、私は背骨を折ったために観劇予定だった舞台を拝見できず残念だった。

が、やっとその熱演を拝見できて、嬉しさもひとしおだ。


しかしとにかく、うたうさんの演技は、ホントにホントに、すごいなぁ。

どういう人生を送ったら、あれほどの表現が滲み出てくるのだろう。




そして、月の後半は、じゃがいも村の語り同人の舞台を拝見しに行った。



なんとなんと、私の中学時代のクラスメート、ちんや氏の初舞台。

どう申し上げればよいのか、適切な言葉が見当たらないが、

終始、ここそこで、感慨深い気持ちでいっぱいだった。

だって、13歳そこらの頃、互いに学ラン姿で席を前後にしていた間柄、

その彼が、よりによって、

小劇場じゃがいも村のステージで堂々と語りの表現をしているのだから!

・・・もう、ずっと胸が熱くなりっぱなしだった。

自分としても、初めてのじゃがいも村のことを思い出したりして、

色んな想いが交錯し、初心に帰ることもできた。

ちんや氏には、是非ともこの経験を、これからの日々に、おおいに活かしてほしい。

あの小劇場のステージで表現するというのは、

マジ半端ない、他では絶対に味わえない、貴重な貴重な体験なのだから。






-----------------------------------------------




ここ数日は、

新曲を、書いている。



メロディは、実は25年前に、すでに出来上がっていて、

ようやく形にするチャンスが巡ってきたように思う。



ただしかし、改定を加える歌詞には、これまでになく時間がかかってしまっている。


なんでこんな大変な歌詞にしようとひらめいてしまったのか、というほどで、

調査と構築にやたらと手間がかかる内容となった。



とはいえ、ここで投げ出してしまっては愚の骨頂、

もっと歌にまみれて、なんとか仕上げ、

人さまの前でちゃんと歌える、念のこもった、価値ある作品にしないとならない。





-----------------------------------------------



単独公演まで2ヶ月を切った。



有り難くも、ご予約を多く賜り、

残席もわずかとなってきた。



嬉しさ、感謝、そして高揚感と共に、

いわゆる「銀時計モード」のスイッチも入ったため、

日常の会話にダジャレが多くなるという懸念が生じている(笑)




-----------------------------------------------




勤労感謝の日には、神近まりちゃんがトワ金に遊びに来てくれた。

そう、「遊びに」という表現があっている気がする(笑)






久しぶりのタシまり放送ということもあって、

堂々と珍妙な企画ができたのは嬉しいwww

互いの黒歴史で「平成という時代」を振り返るなんて、

ホントに馬鹿げた企画ではあるけど、この楽しさは一体なんだろうwww



ただ、公開している音源には含まれていないから残念なのだけど、

色々とお願いする原稿なんかはキッチリと読んでくれるという、あの絶大な安心感。

まさにトワ金12年間に積み上げた実績・・・。

この辺は、ワイワイやってるコーナーの音源からは聴き取れない、彼女の別な魅力だと思う。




今回はまりちゃんと、生歌で2曲できたのもすごく嬉しかった。


生歌ヒポポタマスではリトグリ、

そしてエンディングではナタリー・コールの「オレンジ色の空」。

どちらも私にとっては初のトライでもあり、

やはり独りで好き勝手に歌えるわけではなかったので、

初めて二人で事前のスタジオリハに入った(笑)

写真はそのリハ後の、ちょっとしたお疲れさま会。





リトグリもオレンジ色の空も、

どちらもそれなりの難しさがあって大変だったが、

だからこその楽しさもあり、まりちゃんも色々とアイデアを出してくれて、

それが、こうして歌えたことの幸せにつながった。

だから、二人の歌を楽しんで下さった方のご感想が番組に寄せられた際は、

心の底から嬉しく思った。感謝感謝である。

まりちゃん、今回もホントにありがとう。



▼神近まりトワ金ゲスト出演の音源

 http://tassee-radio.jugem.jp/?day=20181123



-----------------------------------------------



トワ金といえば、

ついに今年も【ウラ横アワード】の季節。


番組名物のウラ横で流れた珍奇55曲!


この中からリスナー様の投票により、

栄えある今年のアワードを決めようという企画だ。



▼全曲試聴可能なページ&投票フォームへのリンクはこちら

 http://utaibitokataru.com/urayoko2018awd/



果たして今年はどの曲が栄冠に輝くのか?

それは、リスナーの皆様の清き一票(笑)にかかっている。



おひとり様3曲まで投票可能。

締切は、12月21日(金)の昼まで。


どうぞ宜しくお願い致します。


-----------------------------------------------



性懲りも無く、

再びアンパンマンを歌った時の話に小戻りする。



この虚無感、そして自分への落胆や失望に対し、

私は今夜も、明日の朝も、明後日の昼間も、来週の真夜中も、

ずっと向き合って生きてゆかなければならない。



今年は、前述の武内紀子さんをはじめ、

森うたうさん、ジキジキやAMI☆TAMEのお二人、

麦人さん、オラン本柳さんといった、

素晴らしい先輩方と接する機会が多かった。

それはまさに有り難き、貴重な瞬間の数々だった。



上記の方々は、それぞれの活動環境のもと、

表現活動を継続する上での幾多の障壁を乗り越え、

そのご苦労もさることながら、前向きに、

何かしらの展望を掲げて、しかし無邪気に、生きておられる。

本当に、すごいと思う。




果たして私に、その原動力が備わっていない気がするのは、何故なのだろう?




無邪気に人生を楽しむ力が、こんなに薄弱になってしまったのは、何故なのだろう?




・・・・自問自答したとて、何ら答えは見つからない。





今はただただ、日々に感謝し、歌にまみれ、

人さまの喜びにつながる表現ができるよう、

ひたすらに鍛錬を重ねてゆくしかない。





-----------------------------------------------


■歌イビト語ル 単独公演

 2019年1月26日(土)
 14:30開演
 中野区鷺ノ宮 小劇場じゃがいも村
 http://theaterjagaimomura.wixsite.com/love/access
 3000円(当日精算/小中学生無料) ※限定30名様


▼ご予約専用フォーム
 https://ssl.form-mailer.jp/fms/46319e0c231180
 (もしくはutaibitokataru@gmail.com またはSNS直メッセージでも受付可)


★かなりお席が埋まり始めました!お早めに!★



 

 

 

| - | - | 23:35 | category: Private |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:35 | category: - |
How Does It Feel ?
Next Live !
【歌イビト語ル】


〜1年2ヶ月ぶりの完全単独公演〜

★2019年1月26日(土)14:30

中野 鷺ノ宮
小劇場じゃがいも村

・限定30名様
▼ご予約受付中▼
こちらから!



☆詳細は
公式サイト

Categories
Selected Entry
Mobile
qrcode
【動画公開中】
無伴奏・独唱
歌イビト語ル
『人生喜劇ブラボゥ』


Search this site
Sponsored Links