● 歌イビトの記。

 
 
無伴奏・独唱の【歌イビト語ル】こと、タッシー田代が記す、徒然。

※スマホ版は大変見づらいようです。最下部リンク[PC版に切り替え]からご覧下さい。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< B.B.キング | main | 映画 (6月上旬) >>
# 映画 (5月中旬)



ようやく再び、映画の世界に浸れる日々がおとずれてくれた。



身のまわりの理不尽さをしりぞけ、

人とのしがらみからも解き放たれ、

見たこともない世界を目にできる時間。

知らなかったことを大いに学べる時間。

かつて感じたことのない、尊いものを得られる時間。




1943年のものから出来るだけ順に拝見し続けている黒澤作品も、

遂に1950年代に差し掛かり、

いよいよ私が観たかった時期の作品群を体験しているんだと実感、

思わず武者震いさえするくらいだ。




◆ 『 醜聞(スキャンダル) 』  1950年  日本




勝手にマスコミがでっち上げた、画家と歌手のロマンス騒動。

みすぼらしい弁護士の情けなさ。

病床の娘の愛おしさ。

そして庶民の、庶民たる侘しさ、世知辛さ。





数ヶ月前に拝見した『野良犬』もそうだったが、

素晴らしいセリフのふしぶしが、心に残る。


加えて、胸が熱くなるのは、

(ご覧いただくのが何よりの場面なので詳しくは書かないが)

「聖しこの夜」が歌われるシーン。





昭和20年代の貧しき民家をここまでメルヘン仕立てにできるのは、

やはり黒澤監督以外にいないだろう。


また、大衆酒場で酔客たちに “斉唱” される「蛍の光」も、

しがない民の嘆き節に聴こえてくる。

この酒場のシーンのアングル展開もまた素晴らしくて、

まるで雲の上から人の世を一望しているようなシーンだった。





ストーリーの土台こそ法廷ものとしてあるにはあるが、

作品の根底は、「人間の深いところから生まれる “お星様” 」だ。


ほかの黒澤作品からすると演出がロマンティックな気もするが

(監督自身もそう言っていたらしいが)、それはそれでいいし、

例の「山の絵」がどんなものだったか気になりつつも、

大げさな終幕ではないところなど、映画としての佇まいもいい。

私にとっての大切な作品にまたひとつ、出会えたという想いだ。



それにしても、

いわゆる「低俗なマスコミ」の蛆虫っぷりは、今も昔も変わらない。








◆ 『 人生は、時々晴れ 』  2002年  イギリス





マイク・リーの監督作品。

私はかつて『秘密と嘘』を拝見し、かなり驚嘆と感動を覚えた。


とにかく、マイク・リー作品の特徴/制作手法は、なにしろ凄い。


 ・脚本は使わない

 ・監督と役者が個別のやり取りを一定期間おこない、キャラ作りをしてゆく

 ・共演者どうしを事前に会わせない、会う機会があっても作品の話題をさせない

 ・自分以外の誰が何の役をやるのか、事前に共有されない

 ・その日の撮影がどのシーンか、役者には直前まで知らされない

 ・役者は監督から事前に与えられた“人物像”をもって、即興演技で撮影に挑む





「人生とは孤独感と、一人ではないという感覚が複雑に絡み合ったもの」

これは監督の言葉だそうだが、これがこの映画すべてを物語っている。


“家族” という共同体の中にいながら、うだつのあがらぬ日々、鬱積する不満。

かといって何かテコ入れできるわけでもなく、ただ見過ごしながらの、惰性の継続。





誰かが悪いわけではないのに、誰かを責めはじめたら止まらなくなる。

自分だけが悪いわけではないのに、自分がとても悪いということも自覚している。

困窮し、殺伐とした、堕落した雰囲気の家庭ではあるものの、だからといって、

人間どうしの関係に効く “打ち出の小槌” や “魔法の杖” は存在しない。

そんな日々の中、事件は起こるのだった・・・・。





主人公の言う台詞に「一瞬先は闇だ」という言葉があるが、確かにそうだし、

しかしだからこそ、「一瞬先はまぶしいかも知れない」ということも同時にいえる。

原題は「All or Nothing」で、そのままのほうが良かったか?とも思えたが、

いつも曇りか雨ばかりのような人生における、つかの間の晴れ空という意味で、

もしかしたらよくできた邦題なのかな、とも感じた。



起こる出来事は、起こるべくして起こるわけだが、

「その先を選択するのは自分だ」と、この映画は教えてくれている。


尻切れなシークエンスも散見されるが、それもまぁよしとして、

大団円にならない(むしろ逆?な)ところが、とても人生っぽくて、いい。






〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜

<閑話休題>

この数ヶ月、自分の公演と公演の狭間に、二〜三本の作品を拝見してはいたのだが、
なかなかレビューまで書ける余裕がなかった。


◆『サルバドールの朝』(2006年・スペイン)は、フランコ独裁政権末期に実在したという反政府主義の青年に関する作品だが、銀行強盗や警官殺し、運動に無関係な恋人までをも巻き添えにして政権に抵抗した思想の「背景」が、まったく伝わってこず、どうも釈然としない。
受け手側への問題提議さえ必要な内容にも関わらず、PVのような映像演出にも甚だ疑問。
刑の執行に至るまでの後半は、数ヶ月前に拝見した『私は死にたくない』と同様に冗長で、どんな方法で処されるのか、どれだけ残虐なのか、果たして間一髪で恩赦はあるのか、など、死刑を扱う映画として非常に浅はかだと思う。一切の共感ができない描き方だった。



◆『扉をたたく人』(2008年・アメリカ)は、アメリカ映画にしては地味なトーンで作られていて、しかし良い作品だった。
妻に先立たれて無気力になった中年の大学教授と、ひょんなことから出くわした中東シリアのジャンベプレーヤー(ただし不法滞在者)とが、まさに「心の扉」を開きつつ交流を深めていく。
それまで移民に寛容だったアメリカが、9.11以降はヒステリックなほどに取締りを強化したという実情が炙り出されていて、かつての移民大国の理念が根底から揺らいでいる。
緊張の面持ちで、教授が広場でのジャンベセッションに初めて加わる瞬間は、抑えた演出ながらも胸に熱いものが込み上げてくる。大国と第三世界の人々を描いているという点で、ヴェンダースやケン・ローチの作品に共通するものを感じた。



◆『マスターズ・オブ・アメリカン・ミュージック ルイ・アームストロング サッチモ』(2009年・アメリカ)は、ジャズの巨匠たちの映像を集めたシリーズのうちの一本。
黒人差別に直面しながらも、激動のアメリカにジャズの礎を築き、また音楽そのものが持つ可能性を大きく飛躍させた“サッチモ”。その強烈な個性と偉大なる功績を、様々な映像と証言で綴る内容だ。
以前に拝見したビリー・ホリデイ編はレア映像が多かった気もするが、こちらは比較的よく目 にしたことのある映像がほとんどだった。しかしもちろん内容としては申し分なく、ルイをまだ知らない方には素晴らしい入門ガイドとなるだろう。


〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜



◆ 『  ヒバクシャ 〜世界の終わりに 』  2003年 日本


出来るだけ多くの日本人に見ていただきたいドキュメンタリー作品。





序盤、

【私は世界で唯一の被爆国にいながら、被爆者と面会した体験がない】

といった語り手の言葉が、心に深く突き刺さった。



核と放射能汚染被害を追った、地道なリポート。



ヒロシマやナガサキ、チェルノブイリのみならず、

イラク戦争でアメリカが放った「劣化ウラン弾」のこと。

いまだにその残骸が及ぼしているという、現地住民たちへの体内被曝。




さらにはワシントン州のプルトニウム製造工場が原因と考えられる、

農作物への影響。

核による「利益」が誰かに与えられている以上、廃絶は実に困難だとわかる。

そして、本作を観ているうち、おのずと、

どれだけ核と放射能が地球上に蔓延しているかも、思い知るに至る。





ふと思ったが、RCサクセションの『COVERS』やタイマーズの活動などは、

この作品の制作時期と奇しくも重なっているのではないだろうか。


しかし長らく、私たちの国政や電力企業は、

そういった警鐘に耳を貸さずにいた。


そしてそれから数年後、東日本大震災による原発事故が起こる。


それでも低線量については、

「すぐには人体に影響を及ぼさないレベル」という不可解な公表。


さらには、次に何かあったら本当に日本の最期、とまで言われる中、

責任の所在も定まらぬうち、原発再稼動の動きが加速している。


この先、

最低でも十万年、

人類が付き合い続けなければならない深刻な課題が、

この映画の中に、重たくのしかかっているというのに。





◆ 『 パサジェルカ 』  1964年  ポーランド




アンジェイ・ムンク監督はアウシュヴィッツ収容所の物語を映画にするべく、

撮影を続けていた。



が、監督は突然の交通事故により、不慮の死を遂げることとなってしまい、

この作品はそのまま、未完の状態になった。







二年後、

ムンク監督に近しかったポーランドの映画人たちが、

作りかけだったこの作品に、 “敬意ある作業” を施した。



ストーリー未完のまま、

残された映像から制作意図を読み取り、一本の映画に仕上げたのだ。






重要なのは、あえて “未完のまま” にして仕上げた点。


監督の方向性はこうこうこうだった、脚本もある、関係者からも取材する、

「だから、我々でこうやって編集し、こういう結末の映画にしてみました」

ではなく、

『 未完の筋書きに決着をつける心づもりはない。

  空白や、言い残した部分の結論も、あえて求めない。

  監督と我々は同世代の人間だ。不安も考えも我々と近い。

  彼の作ろうとする真意はつかめなくとも、疑問の提示は分かる 』

という、

映画監督への最大の敬意を払った状態にしたのである。



出来上がっていた箇所(「女看守」と「女囚人」の、収容所内での日々)は、

そのまま物語として編集され、ひとつのドラマとして追うことができる。


未完の部分(その二人が戦後、客船の中で偶然再会してから)は、

静止スチールでの展開、およびナレーションがつき、

「この物語は、どういう意図、どういう主張があったのだろう」、

「事故に遭っていなければ、どんな映画になったのだろう」と、

すべてを推察の域にとどまらせ、観客と共に考察できるようにしている。





未結は、 未結のまま  ――――――――――。


そう、どれだけ資料や情報が揃っていても、

「結末」は監督本人の脳内と思念の中にのみ存在していた。


いろいろな意味で、

これぞ映画として『実に素晴らしい作品』なのではないかと思えた。








-----------------------------------------------









 
| - | - | 01:43 | category: Movie |
# スポンサーサイト
| - | - | 01:43 | category: - |
How Does It Feel ?
Next Live !
【歌イビト語ル】


●トワ金1000回記念ライブ
 歌イビト語ル/真之輔/
 神近まり/フライフラワーズ
 →2019年12月7日(土)
  ※昼13時〜
  ※限定30名様
▼ご予約受付中▼
こちらから!



☆詳細は
公式サイト

Categories
Selected Entry
Mobile
qrcode
【動画公開中】
無伴奏・独唱
歌イビト語ル
『人生喜劇ブラボゥ』


Search this site
Sponsored Links