● 歌イビトの記。

 
 
無伴奏・独唱の【歌イビト語ル】こと、タッシー田代が記す、徒然。

※スマホ版は大変見づらいようです。最下部リンク[PC版に切り替え]からご覧下さい。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 最近のことと、先々のもろもろ。 | main | ありがとう志音祭、ありがとうMARUwDa311 >>
# 映画 (10月末)



数週間前、自分のラジオ番組内で、

100年前の音楽 ―――― ライト・クインテットの歌う黒人霊歌、

「The Rain Song」(1915/大正4年)のCDを流した。



100年前に吹き込まれた「人々の息吹き」を、

この現代に生きる私たちが耳にできる意義は、とても大きく、

時空を越えたロマンさえ感じることができる。



いやさて、しかしそういえば

「100年前の映画」というと、どんな作品が残されているのだろう。



手元の、まだ見ぬ2000枚ほどの未見DVDの中から探してみて、

今回はこちらの一本を拝見することにした(もちろんいつものように電車内で)。




◆ 『 チート 』  1915年  アメリカ





まだ草創期だった映画産業。

まだ一般的に広まっていなかった映画文化。



このサイレント映画に、

日本人初のハリウッドスターとして知られる、

早川雪洲(はやかわ せっしゅう)が 出演している。





早川雪洲は、映画史上においても、

初の美男子俳優とも言われていて、

この『チート』がその出世作とされている。



雪洲の美男子ぶりは、当時の女性たちに、

「雪洲の映画だからお化粧して行かないと」

とまで言わせたほどだったらしい。


映画館にはもちろん雪洲がいるわけではないが、

そんな気持ちにさせるほど、当時の女性たちを魅了したのだろう。






作品解説的なことは、多くの情報がネット上にあり、

私がとやかく述べるのも野暮というものだが、

なかなかの衝撃的な展開で、

当時としてはかなりの問題作だったのではないかと思われる。






チャップリンの短編第1作目『成功争ひ』はこの前年で、

そう考えると、フィルムの保存状態がよい(デジタル処理済み?)。



世界では、 第一次大戦がすでに始まっていた。

日本では、 芥川龍之介が「羅生門」を書いた。

そういう時代の無声映画である。






まぁ、内容などのことはともかく、

久しぶりに電車移動中にDVDを拝見できたことと、

100年前の映画に触れられた喜びが、まず大きい。





・・・ しかし、 それにしても驚いた。



ちょうど電車が、 私の目的地に到着しようとした頃、

車内で観ていたこの映画は、エンディングのシーンとなり、終わった。




私はそそくさとポータブルDVDをカバンにしまい、 電車を降りた。




そのとき、



私が降りた車両の、 ちょうどその目の前に、







いやはや、びっくりである。


こういう催しを知らずに観ていたわけだから、なおさらだ。



100年の時を隔てた巡り会わせか、 それとも引き合わせか、


はたまた、 雪洲がこの私を呼び寄せたのか ・・・・・。




しばし私は驚愕したまま、


その駅のホームに、 立ち尽くしていた。






--------------------------------------

★歌イビト語ル、初の『1日2回』公演★


■11月7日(土) 【

 埼玉県北葛飾郡杉戸町
 志学会高校 『志音祭2015 〜僕らだって誰かの力になれるはず』

 http://shigakukai.ed.jp/

 入場無料 ・ 埼玉県北葛飾郡杉戸町大字並塚1643
 開会=10:30   入場無料  ★歌イビト語ルの出演は12:20より
 東武動物公園駅(※)より送迎バス= 10:20/11:00
 
 ※バス発着場所が駅から離れていますのでご注意ください
 (詳しくは学校のホームページからご確認ください)


■11月7日(土) 【夕方

 九段下 二松學舍大学 九段キャンパス
 『MARUwDa311 東日本大震災復興支援Live』

 詳細ページ(フライヤーPDF)
 ⇒ http://www.tashirotakashi.com/MARUwDA311Live5.pdf

 開会=13:00 ★歌イビト語ルの出演は15:45より  入場無料





 
| - | - | 22:44 | category: Movie |
# スポンサーサイト
| - | - | 22:44 | category: - |
How Does It Feel ?
Next Live !
【歌イビト語ル】


●トワ金1000回記念ライブ
 歌イビト語ル/真之輔/
 神近まり/フライフラワーズ
 →2019年12月7日(土)
  ※昼13時〜
  ※限定30名様
▼ご予約受付中▼
こちらから!



☆詳細は
公式サイト

Categories
Selected Entry
Mobile
qrcode
【動画公開中】
無伴奏・独唱
歌イビト語ル
『人生喜劇ブラボゥ』


Search this site
Sponsored Links