● 歌イビトの記。

 
 
無伴奏・独唱の【歌イビト語ル】こと、タッシー田代が記す、徒然。

※スマホ版は大変見づらいようです。最下部リンク[PC版に切り替え]からご覧下さい。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ありがとう沼袋、ありがとうトワ金2015。 | main | 歌イビト語ルの2016上半期について >>
# 【やりたい邦題 探検隊!】2015を集約した!
※当ブログはスマホ版だと大変見づらいようです。最下部リンク[PC版に切り替え]からですと格段に見やすいかと思います。



例によってバタバタしすぎてて、

例によってすっかり更新が遅くなってしまった。

とはいえ、

今年の初ブログがこの内容になるとは面白すぎる。




わたくしタッシー田代が、毎週金曜16〜20時の四時間、

ナマ放送でお届けしているラジオ番組、

『トワイライトアベニュー767金曜日』
(FMこうのすフラワーラジオ 76.7MHz) において、

第三金曜日の名物企画となったコーナーが、

昨年2015年からスタートした 【やりたい邦題 探検隊!】 だ。


“洋楽につけられた衝撃の「邦題」ワールドに突入する” ことで、

トロンボーン奏者のノスケくんと一緒に、

みんなで信じがたい爆笑を体験しようという企画である(笑)


放送音源を掲載しているブログ(http://tassee-radio.jugem.jp/)にて

その過去の内容をお聴きいただくことは可能だが、

各放送回の曲目については、“聴いてからのお楽しみ”という主旨のもと、

これまでタイトルを掲載してこなかった。


このたび、やっと昨年分を集約し、列記できる時間を捻出できた。

各音源を掲載したページのリンクも貼っておくので、

未聴の方は是非お楽しみいただき、既聴の方は振り返って、

あらためて笑っちゃっていただければと思う。



これが、本当に音楽につけられた題名なのだから、

驚くばかりである(笑)



では各月ごとに、探検地を進んでまいります。




“洋楽につけられた衝撃の「邦題」ワールドに突入する”

笑い放題、食べ放題、【やりたい邦題 探検隊!】

※タイトルコール考案:神近まり



■1月
(放送音源 http://tassee-radio.jugem.jp/?day=20150123


いけいけドンドン

(ルーフトップ・シンガーズ)
なぜ「ドンドン」にした?
菅原文太の「ダイナマイトどんどん」を連想。


もうチョットだけ

(ドクター・フック)

お願いされてもダメなもんはダメ。
「ちょっと」をカタカナにしてヤンチャにしてもダメ。


それにしても残念

(ブラート・オクジャワ)

もうその話は蒸し返さんでくれや(笑)


あんたの身体で

一番みにくいところはどこ?


(フランク・ザッパ)

とにかく【やりたい邦題】という企画においては、
ザッパ先生の邦題なくしては語れない。
続々と強烈な邦題が登場するが、
いずれも曲名の概念を超越した邦題ばかり。



■2月
(放送音源 http://tassee-radio.jugem.jp/?day=20150220


嘘つき女め、

約束などするな


(ローザ・エスケナージ)

イラ立ってるねぇ旦那(笑笑笑笑笑)


森の中で

ハッスルハッスル


(コルピクラーニ)

いったい森の中で何をハッスルするのだろう。
ザッパ先生に加え、当企画の常連となる、
“すごい邦題たくさんバンド”のコルピクラーニ。
いわゆる北欧メタル系だが、そのサウンドも凄かった。


どこからスケベが

始まったか


(シャバ・ランクス)

エロスの起源ではなく、スケベの起源について考察したい模様。


ダンスに服はいらない

(フランク・ザッパ)

・・・ いや、着ましょうよ、服は。




■3月
(放送音源 http://tassee-radio.jugem.jp/?day=20150320


あたしゃカックン!

(リトル・リチャード)

なんちゅう邦題や!(笑) 光GENJIのメンバーみたいw


どうしてうちの店で

買わないのですか


(タンザニア民謡)

そんなしてキレられてもさ、おたくの商品の問題なのでわ?


オシリは嘘つかない

(シャキーラ)

確かに。「お尻こそ無意識の象徴」とオノ・ヨーコは言ってた。


角刈りのサム

(フランク・ザッパ)

西部警察の渡哲也を金髪にしたイメージであってる?




■4月
(放送音源 http://tassee-radio.jugem.jp/?day=20150410


君は君の親父の息子

(エルトン・ジョン)

どうしてそんな当たり前のことを言われなければならないのか。


今夜のあいつは

セクシー・チャンス


(インスタント・ファンク)

どういうチャンスのことを指すのか。


びっくり電話

(10cc)

3分間で通話料1万円とかのことかなw


ヒゲをはやすぞ

(フランク・ザッパ)

立派な決意目標を宣言w




■5月
(放送音源 http://tassee-radio.jugem.jp/?day=20150515


私は一文無し

(ロシアのジプシー・ヴァイオリン)

そんなアピールされても、オレだって金ないよ。
呑んだ分は、ちゃんと払えよ、もう。


吐くまで飲もうぜ

(コルピクラーニ)

やだよ、オマエは明日休みだからいいだろうけど。


ベイビー、

入れ歯を外してみな


(フランク・ザッパ)

やだよ、つか、ベイビーでも入れ歯でもないよオレ。


とにかく

(ゴールデン・ゲイト・クァルテット)

とにかくなんだよ、言えよ!(笑)




■6月
(放送音源 http://tassee-radio.jugem.jp/?day=20150619


日なたぼっこが

俺の趣味


(ザ・キンクス)

いいよね、縁側でね、のんきにね。


や・ば・い・よ・髪型

(ディ・エルツテ)

どうして区切りながら言った?


あんた、

お金くれないのね


(メンフィス・ミニー)

なんだその生意気な言い草は!


超ナイス・バディに夢中!

(ロス・デル・リオ)

とてもヒットしそうなタイトルには思えないw




■7月
(放送音源 http://tassee-radio.jugem.jp/?day=20150717



ぎらぎら太陽マークの

特上ハム


(エルトン・ジョン)

どこから検証すればよいのか分からない邦題ナンバーワン。


のんべんだらり

(ベッシー・スミス)

叶うなら、そう生きてみたいもんッスね〜。


ヘーイ、彼女!

(アイス・キューブ)

30年前のナンパの手口(笑)


チャーリーの

馬鹿でかい口


(フランク・ザッパ)

人相学ではクチ=生命力らしいので、バカ級の生命力ってことか。




■8月
(放送音源 http://tassee-radio.jugem.jp/?day=20150821



暗闇にドッキリ!

(オジー・オズボーン)

夜だと思ったら松崎しげるだったの件。


戸棚のガイ骨

(ルイ・アームストロング)

タナボタどころではなくタネボネとは、まこと恐ろしい。


やれやれ休日だ

(ガリヤード第13番)

まぁゆっくりお休みくださいな。お疲れでしょ、目、肩、腰。


サウナでひとっ風呂

(コルピクラーニ)

通称ウナっぷろ。あがった後の「手を腰に牛乳」も忘れずに。




■9月
(放送音源 http://tassee-radio.jugem.jp/?day=20150918



暴走マイライフ

(ボブ・シーガー)

どんだけ凄い人生なんだろうw


はい、

バナナは売切れです


(アーヴィング・カウフマン)

数年前の朝バナナダイエットブームか?そんなバナナ!


テレビで解決

(“未知との遭遇”サウンドトラック)

シカクいニカクがマ〜ルくおさめたわけだな。


いま納豆はいらない

(フランク・ザッパ)

当企画の、この年の金賞(笑)
「No Not Now」という原題をここまで新化的に解釈するとは!
もはや海外のロックナンバーとは思えないw




■10月
(放送音源 http://tassee-radio.jugem.jp/?day=20151016



俺の回転花火

(アリス・クーパー)

あなたのソレは回るんですか・・・ 凄いっすねw


ねずみ警察

(ジェスロ・タル)

ちゅーちゅーうるさいだろうな。


いい酒・夢気分♪

(コルピクラーニ)

“酒メタル”のコルピ、まさに本領発揮の一曲。8分音符つきw


何をするか

わからない


(ミシシッピ・ジョン・ハート)

ボソッと言わないでよコワイから(笑)




■11月
(放送音源 http://tassee-radio.jugem.jp/?day=20151120


ガソリンスタンドなんて

辞めちまいな


(フランク・ザッパ)

GSで働いてる皆さんに失礼じゃないか(`□´)コラッ!


俺が本当の親父だよ

(ハンク・ウィリアムス)

だよ、って ・・・じゃぁ今までのこの人は、だだだ誰?


太っちょ人間大行進

(“ウォーリー”サウンドトラック)

なぜ大行進しなければならないのだね(笑)


手拍子ロック

(ジョニー・オーティス)

「Hand Jive」が手拍子ってこと?
長年の愛聴曲にこんな邦題がついていたとは驚き。




■12月
(放送音源 http://tassee-radio.jugem.jp/?day=20151218



悲しき残念賞

(オレンジ・ジュース)

残念賞の景品がオレンジジュースなのかと思ったw


飼っているのは

猿なのかい?


(ビル“ジャズ”ギラム)

2016年は申年だしね、飼っちゃおうかな〜なんてねウキー!


走れ!女

(モット・ザ・フープル)

「どこそこ国際女子マラソン」のキャッチフレーズに採用!


痛快!

飲んだくれオヤジ


(コルピクラーニ)

飲んだくれのどこが痛快なんだよ。うっとうしいだけだろ(笑)





・・・・ というわけで、題名列挙にコメントをつけて掲載してみたが、

いやはや、

まさに 『これがホントに楽曲のタイトルなのか?!』 と、

あらためて目を疑わざるを得ない(笑)


これらが一体どんなサウンドで、どんな曲なのか、

是非、各リンクページからご堪能いただきたいと思う。


2016年も1年間、当企画は続くわけだが、

リストアップした曲の数は、余裕で1年分のそれを超えており、

むしろ「どれを取り下げるか」で、正月から頭を痛めているw


早くも数日後の1月22日(金)の放送が今年の一発目。

もちろん、すでに選曲は終わり、

あとは生放送でのオンエアを待つばかり。


今年はどんな衝撃の邦題が飛び出すか、乞うご期待すぎる(笑)







---------------------------------






 
| - | - | 23:38 | category: Radio |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:38 | category: - |
How Does It Feel ?
Next Live !
【歌イビト語ル】


●トワ金1000回記念ライブ
 歌イビト語ル/真之輔/
 神近まり/フライフラワーズ
 →2019年12月7日(土)
  ※昼13時〜
  ※限定30名様
▼ご予約受付中▼
こちらから!



☆詳細は
公式サイト

Categories
Mobile
qrcode
【動画公開中】
無伴奏・独唱
歌イビト語ル
『人生喜劇ブラボゥ』


Search this site
Sponsored Links