● 歌イビトの記。

 
 
無伴奏・独唱の【歌イビト語ル】こと、タッシー田代が記す、徒然。

※スマホ版は大変見づらいようです。最下部リンク[PC版に切り替え]からご覧下さい。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 映画(2月中旬〜3月上旬) | main | 映画(4月上旬) >>
# 背骨を圧迫骨折した。


4月3日の日曜日は雨だったが、
仕事があったので朝から外出。

持病の痛風の発作が久々に出てしまっていたため、
雨の日用のブーツは足に重たく、履くのも難儀。
仕方なく、軽めのスニーカーで出発。

地元の駅の、エスカレーターを上がって、
改札口に向かって歩き出したその時、
濡れていた足元を取られ、
かなりの勢いで転倒、
たぶん一瞬、宙に浮き、
腰、いや背中から、
私の身体は叩きつけられるように、落ちた。

過去に感じたことのない、とてつもない激痛。

・・・起き上がれない。

あまりの痛さに、大声を出す。

ものすごい痛みだった。何度も叫び声が出た。

・・・しかし、起き上がれない。

周囲の人々は、特に見向きもしていなかった。

しびれる背中、
思うように出来ない呼吸、
変な汗、そして、
マズイことになったかも知れないという予感。

駅構内の、冷たい石タイルの床面。

乗ろうと思っていた電車の出てゆく音がする。

自分はうずくまったまま、痛みに喘いでいる。

起き上がれない50歳近くの男の図体の横を、
あとからあとから、人がどんどん過ぎてゆくので、
とにかく邪魔にならぬよう、
数メートル先の切符売り場の脇まで、這って移動した。

そこで数分間、
痛みの治まりと、呼吸の落ち着きを、じっと待つ。

数分すると、どうにかこうにか起き上がれて、
ビニ傘を杖がわりに、ゆっくり歩くことができた。

(なんとか、行かなくちゃ・・・)

約束は約束。
行けるところまで、ひとまず努力し、
どうしても無理なら、戻ろうと決める。

ふらふら朦朧としながら、電車に乗った。
都内の電車移動中の記憶はほとんどない。
1時間半後、私は行き先の場所に着いていた。

そして、そこで頂いた仕事をはじめる。が、
しかし数時間が限界で、痛みに耐えきれず、
再び1時間半かけて、帰宅することになった。

近所の病院は日曜日のため、どこも休み。
やむを得ず、市販の痛み止めを飲んで、寝る。

深夜、寝ている状態から起きようとするも、
腰から足が痛くて、なかなか立ち上がれず、
トイレに行くまで30分もかかった。

眠れたのかどうなのかもわからぬまま、
痛みに呻きながらの翌日をむかえ、病院へ。

レントゲンの結果、
背骨のうちのひとつが、少しつぶれていると判明、
『胸椎T12番の圧迫骨折』との診断結果だった。

もうちょっと程度が悪ければ寝たきり入院・・・。
安静にし、外出は避けるようにと告げられた。

いくら「マズイことになった予感」がしたとはいえ、
背筋の肉離れや腰骨の打撲くらいにしか想像しておらず、
4〜5日すれば回復してゆくんだろうと考えていたが、
自分の想定なんて何もアテにならないもので、
まさか骨がこんな感じに・・・とは、思ってもなかった。

結局、上半身をギプスでグルグルガチガチに巻き、
背骨と骨盤を強制的に固定することになる。

病院から借りたステッキをつきながらも、
歩くのも寝るのも、いくらか少し楽になった。

ギプスが外れて専用のコルセットが出来上がるまで、
だいたい2〜3週間かかるとのことで、
生活が不自由なのは大変だけれども、仕方ない。

4/4月曜のBBS更新の頃は、まだ痛みが厳しく、
ウーウー言いながら文字入力していた(笑)が、
翌日以降から徐々に徐々に楽になり、
まずは金曜日のラジオに向け、
とにかく寝たきりの安静に努めた。

ラジオの出演については、
医師および周囲から、かなり反対を受けた。

確かに自分でも、
2時間かけて鴻巣に移動し、
2時間の準備と4時間の生放送本番、
そしてまた2時間かけての帰宅が、
果たしてこの身体の状態で可能なのか、
まったく予測を立てられなかった。

ただ、「数日前から休みを決める」なんて選択は、
己の心境には皆無だった。

思い出すのは二年前、
インフルエンザで番組を休んだ時の記憶。
そう、あれも第二金曜日(笑)。

あの時に感じた悔しさ、落胆、無念さ。
あれを再び味わいたくはなかったし、
何しろ今回は伝染病ではないのだから。

ひとまず、ラジオ以外のことは考えず、
その他の予定については全て断念。

火曜、水曜、木曜の三日間は静養に徹し、
一回分の放送をこなすだけの兆しも見えてきたため、
金曜日の朝、最終的に、出演を決行することにした。


▼4月8日放送のトワ金ダイジェスト音源
  
http://tassee-radio.jugem.jp/


(何度も言いますが、ギプスは本物でも表情は演技ですw)


胸と背中をギプスで挟んで押さえつけているため、
どうしても声が薄っぺらくなってしまった。

大きな声を出そうとすると背中に響くため、
残念ながら当分の間(6月の札幌公演までは)、
エンディングの生歌は休止することに。

守友くん、そして局のスタッフの皆さんには、
かなりのお手間をかける状況になってしまい、
申し訳ないばかり。

それと、どうしても拝見したかった、
森うたうさん主宰「水の輪」の公演も、
(ラジオにご出演下さったというのに)
出向くことが叶わず、申し訳ない限りとなった。


 〜 ・ 〜  ・ 〜  ・ 〜


私の知人は、かつてスノボでの転倒で、
背骨の6番と7番を圧迫骨折+手首も骨折で、
一ヶ月間は強制的に寝たきりだったという。

そして守友くんに至っては、十代の頃のバイク事故で、
7番・8番・9番が、強度の圧迫骨折となり、
三ヶ月以上は寝たきり入院だったとのことだ。

そういった方々に比べれば、
まだまだ私の怪我など軽いものであり、
何よりも「頭から落下しなかった」ことや、
「半身不随に至らなかった」だけでも、
この上ない幸運であったように思う。

この程度の事態で済んだこと、そして、
ライブのブッキングをあえて入れない時期だったことは、
非常に偶然的な流れの中にあるような気がするが、
きっと、私のこの人生においての、
「何かしらの意味をもたらす出来事」なのだろう。

今は、この療養期間と、その中でのラジオ放送を、
しっかり見据えつつ、粛々とこなそうと思っている。


今回、このようなことになり、恐縮ながら、
番組リスナーの皆さんや音楽/舞台関連の方々をはじめ、
多くの方から御見舞のメッセージを頂戴した。

心配おかけし、本当に申し訳ありません。

皆さんのお声が、今の自分の、何よりの励みです。

少しずつ快方には向かっております。

不躾ながら、どうか今後とも、
何とぞ宜しくお願い申し上げます。




-----------------------------------------------




 
| - | - | 21:16 | category: Private |
# スポンサーサイト
| - | - | 21:16 | category: - |
How Does It Feel ?
Next Live !
【歌イビト語ル】


〜1年2ヶ月ぶりの完全単独公演〜

★2019年1月26日(土)14:30

中野 鷺ノ宮
小劇場じゃがいも村

・限定30名様
▼ご予約受付中▼
こちらから!



☆詳細は
公式サイト

Categories
Selected Entry
Mobile
qrcode
【動画公開中】
無伴奏・独唱
歌イビト語ル
『人生喜劇ブラボゥ』


Search this site
Sponsored Links