● 歌イビトの記。

 
 
無伴奏・独唱の【歌イビト語ル】こと、タッシー田代が記す、徒然。

※スマホ版は大変見づらいようです。最下部リンク[PC版に切り替え]からご覧下さい。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 記憶というサービス


板橋区から埼玉南部に引越してから六年近く経つが、今月末、ちょっとしたお祝いごとで、あの頃に住んでいた家の近くの、昔ちょくちょく通った小さな居酒屋さんに行こうという計画になった。

お店に予約の電話を入れたら、店長さんが出て、色々と話しているうちに、「あー!覚えてます覚えてます!」と、当時常連だった私のことを思い出して下さった。

かれこれ六年間ご無沙汰なわけだから、忘れてしまって社交辞令的な返しだったとしても無理はないが、たとえ社交辞令でも、あの元気な店長さんの声を聴けただけで嬉しいというものだ。

しかし電話を切る際、「じゃぁ当日、あのタラコ焼いたやつ、準備してお待ちしてますね」と、私がいつも必ず注文していた大好物のメニューまで引き合いに出してきた。こりゃぁホンモノだ、プロだ。

私も商売柄、様々な方に出会う機会があるが、初対面のたびに、その方に出会った日時・お名前・特徴・会話の内容などをスマホにメモって、忘れることがないよう、いつでも確認できるよう、保管している。
しかしこの店長さんの場合、電話口の通話の中から脳内顧客データベースを即座に引き出してきているわけだから、商売の中で養われた記憶システムの精度はハンパないレベルだと思う。

電話を切った直後、とてつもなく嬉しい気持ちが込み上げてきた。

ああ、期待以上のサービスというのは、こういうことなんだろう。

予約するだけでこんなに嬉しくさせてくれる居酒屋なんて、そう多くない。
私も、この店長さんのように、チケット予約するだけで嬉しくなるような歌うたいになりたいと思った。

たった数分の電話だったが、とても多くのことを学ばせていただき、本当に有り難い。

当日は、焼きタラコを心して味わおう。
単に出向くだけでも幸せなのに、それ以上の想定外の楽しみが付加されるなんて、こんなに質の高いおもてなしがあるだろうか。



−−−−−−−−−−−−−−−−



| - | - | 20:50 | category: Think |
# すべてはalright


今日はラジオだった。

6年計画(現在は2年目)の企画『七色のポピュラー音楽名曲辞典(2ndステージ)』の【す】から始まる名曲。

RCサクセションの「すべてはalright」を流した。

いくら種を巻いても芽が出ずに、空回りばかりで、周囲にバカにされ、ヒザを抱えてポツンとしてた時、必ずいつも、聴いていた曲。

この歌に、私は何度、救われてきたことだろう。



   夢をみるのは
   悪いことじゃない
   コトを焦り過ぎちゃダメさ

   ちょっとだけ
   時間の流れが
   キミをじらしてるだけさ

   突然の贈り物を
   受け取る時がきっとくるさ

   大丈夫さ
   上手くやるさ
   すべては始まったばかりさ



そのたびに何度も立ち上がり、
その先に、今の私がいる。

キヨシローは、
何度も私を助けてくれた。

私は、誰かの心に手を差しのべるような歌を、
ちゃんと歌えているのだろうか。

あの頃の自分のような、ポツンとした青年の、苛まれた心を優しく優しく救えるような、
そんな歌を、果たして書けているのだろうか。





−−−−−−−−−−−−−−−−


 
| - | - | 23:44 | category: Think |
# 身にあまるほどのありがたさ
※当ブログはスマホ版だと大変見づらいようです。最下部リンク[PC版に切り替え]からですと格段に見やすいかと思います。




 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜




ライブにたびたび足を運んでくださり、

多くの写真もご提供くださっている、

私の10年来の友、

ザンパノさん (ラジオネーム/土の化身さん)。




先日、

志学会高校の文化祭のときの写真と、

二松学舎大学でのイベントの写真を使って、

歌イビト語ルに関するコラム的なページが出来たと、

ご報告をいただいた。




ネット上にアップされているということなので、

アクセスしてみる。




移動中の電車の中だったが、


読み始めて、


もう数秒で、 こらえきれず、


私は、


車内の周囲の人目もはばかることなく、


ボロボロと、 ボロボロと、 泣いた。



https://slate.adobe.com/cp/8qy5W/


※スマホにも対応していますが、PC の大きな画面で見たほうが雰囲気出ると思います。(ご本人談)




15周年CDのラフミックスの、

今年の1/2放送分の生歌 「歌のいのち」を

イヤホンで聴きながらだったため、

余計に感極まってしまった。



なんて、 なんてありがたい、 身にあまる言葉だろう。




あらためての感謝と、


あらためての己への戒めを、


今一度、 心に強く抱いた。





もっと精進しなければ!!!!





・・・ ちなみにコラムの最後に掲載のモザイク写真は、

女優の三輪愛子さんとの「変顔」合戦のひとコマのため、

さすがに公開することができない(笑)


モザイクかけてるからって、

別に怪しいことはしてませんヨ笑笑笑笑




さぁ、 明日は白昼堂々、 歌舞伎町ライブだ。


思いっきり歌わせていただこう。





■! 明日 !■

11月23日(月祝)

新宿 歌舞伎町 GOLDEN-EGG


http://www.g-egg.info/top.html

鈴木Johnny隆 プレゼンツ ★RED HOT LIVE ! Vol.2★

open/12:30 start/13:00
チャージ¥1,000+1drink¥500

<出演順>
 [1] 歌イビト語ル
 [2] Kahului
 [3] Bloom Dusters
 [4] 鈴木"Johnny"隆 バンド






 
| - | - | 20:45 | category: Think |
# 「これから」のことなど。






先般の神近まりちゃん卒業放送にむけての気合いで、

番組終了後から気が抜け数日間ボーゼンとてしまうのではないかと、

かなり前から自分自身で、予想していた。

ので!

絶対にそうはなるまい!と、ずっと心に決めていた。

ここで一息ついてしまうと必ず体調を崩してアジャパーってことになって、

つーか今どきアジャパーとか言わなくね?シルブプレ?鳩サブレ?


だから、間髪入れずにチャキチャキ行動してやろうと、放送&宴会の翌日には、

新宿に知人の芝居(ONE OR8の『ゼブラ』・・・かなり良かった素晴らしかった)を観劇、

さらには鷺ノ宮ワンマン時期からの四ヶ月で散らかりまくった自室の掃除と整理整邸

そしてこのブログ執筆に、掲示板更新などなど、とにかく積極的に忙しく動き回る。




そう、

もうすでに「次の金曜日」は、容赦なく近づいてきているのだ。




そして、

「5月5日の航空公園すうぃーとはーと」ワンマンライブにむけ、加速するのだっ!




次のトワ金「七ポピュ」の曲揃え、「T7」のネタ集め、ライブのパンフ版下作成も、

先ほどイッキに済ませてやったムハハハハハ調子がいいぞ焼酎飲みながらだし。


祝日の今日4/29も、午前中⇒女優の森うたうさんとの打ち合わせ、

昼⇒丸山真樹子さんのライブ、夕方⇒かつての声優仲間のお芝居という感じで、

ひっきりなしに駆け巡るオノデン坊やのような状態。


ただしここで大事なのは、奔走しすぎて逆に体調を崩さないようにすることだwww




・・・ とはいえ、こうやって動き回ってないと気も紛れないし、感傷的になってしまう。

リスナーの皆さんと同じように、私だって寂しさを感じているわけなのだ。





あの卒業放送のあと大宴会があって、その後に帰宅したが、

途中、彼女の大荷物をいくつか持ってあげようと前かがみになったとき、

自分の胸ポケに入れていたiPhoneが、その荷物袋の中に落ちてしまったようで、

結局、翌日の昼間に受け取るため、再び某所でまりちゃんと会った(笑)


そのとき、前日前夜の、あの余韻とともに、少し語らったが、

「なんか一日中、ウァーッという勢いで時間が展開して、すごかったね」と同意。

4/24はまさに冠婚葬祭の当日のごとく、またたく間に過ぎていった一日だった。





まりちゃんとは、思い起こせば、

意見の衝突・・・もちろん良い意味での “ぶつかり合い” も、幾度となくあった。

だいたいのケースで、オレが行き過ぎてしまってた場合が多かったが・・・・。


いやはや、この扱いにくいヘソ曲がりの男に、12年も付き合ってくれたなんて、

まこと恐縮だし、だからこそ心から感謝したいという気持ちでいっぱいだ。


何せいちいち思考の観点が厄介な男なだけに、周囲は本当に大変だと思う。

まりちゃんに限らず、ほかの番組パートナーのみんなにも同じく恐縮&感謝だ。



次の後任パートナーは誰か? とか、すでに色んな方面からよく聞かれるが、

まだ確定段階になく、公表としてお知らせできる状況には至っていない。

いずれにせよ、このタッシー田代という偏屈な奴と自然にフィットできる性格の方で、

それを前提に、独特のパフォーマンスを発揮できる人物でないと・・・というところか。



先般の放送で言ったとおり、 五月の最終金曜は一人でやる予定。



時には急なゲストさんのご出演もあるかとは思うが、

基本は当分・・・ まぁ数ヶ月間は、一人のつもりでいる。



タイミング的にもいいし、これもまた、己と向き合える良き機会だと思う。



これをきっかけに、かつて一人だけでやっていた頃を思い起こし、初心に帰り、

いろんなことを試して、さらにトライして、より楽しい放送に向上させたい。





秋にはトワ金も15周年。





トワ金にだって、それなりに新陳代謝が必要だ。




これまでヨシとしてきたことについても、あちこち見直そうと考えている。



自分とラジオのスタンスを、あらためて見つめなおし、前進したい。


番組のあり方、プライヴェートとの兼ね合い、


番組パートナーやリスナー様、関係者の方々との距離、など、


すべてにおいて今一度、再考を深める。 今はそういった気持ちだ。








-----------------------------------------------


● 無伴奏・独唱 歌イビト語ル


  5月5日(火祝)

  所沢市「航空公園」 コミュニティカフェ すうぃーとはーと

  http://pbdc.sakura.ne.jp/sh-cafe/

  開場18時00分 / 開演18時30分 2500円(1ドリンク付き)

  中学生以下無料 限定25名様(予約制)

  ご予約フォーム⇒https://ssl.form-mailer.jp/fms/46319e0c231180



  8月2日(日) 札幌 la Fiesta(ラ・フィエスタ)

  http://www.ikubesa.com/shop/2128/

  ワンマンライブ/詳細後日













 
| - | - | 08:13 | category: Think |
# いくつもの、さよなら


この春、


3月から4月、 そして5月にかけて、


私には、 多くの「さよなら」がめぐってきている。




色々とお世話になっている各方面の方々が新天地にむかい、


公私共に、 いくつもの「さよなら」が行き交う。





声優プロダクションのベストポジションからも、

多くのタレントさんが事務所を去り、

新たなるステージへと邁進されているようだ。



また、この一年間、

私が統括し、守友くんがオペレーションに尽力したラジオ番組、

『ぽじらじSunday!』も、この4月をもって終了。


声優タレントのみんなとワイワイやれなくなるのは淋しいが、

それでも、

出演メンバーのひとりだった斎木愛弓さんの考案したフレーズ、

 【終わりのあとはいつも始まり】 の通り、

とことん前向きな終了と踏まえたい。





いっぽう、 プライベートでは、

つい数日前、

あり得ないほど衝撃的な別離があった。


驚愕の、物凄い出来事ではあったのだが、さすがに公表不可にて恐縮至極。





そして何より今月、 神近まりちゃんがトワ金を卒業される。


4/24の放送は、 私としても悔いのないよう、

12年間務めた彼女への感謝を、 精一杯、 番組に込めようと思う。








―――――― 『 “さよなら” だけが、 人生だ。 』



そう言ったのは、寺山修司だそうだが、

もともとは井伏鱒二が訳した漢詩が元であるらしい。



人生は、 別れの連続で構成されている。




人間はまず、 最初に母体と「さよなら」する。


そして、クラスや学校の仲良しさん、恩師と「さよなら」する。


祖父や祖母が他界して「さよなら」する。


わけあって恋人と「さよなら」する。


転職などで同僚と「さよなら」する。


ついには親と「さよなら」する。


大切な伴侶とも「さよなら」することに至る。




そして、 最後は、


自分の肉体と 「さよなら」 する。





しかしだからこそ、 だからこそ私は、


奇跡的な物事の運びで出会えた、この “大切な人たち” に対して、


そのとき、 そのとき、


一生懸命に向き合い続けたいと思う。




どんなに大事な人でも、いつかは絶対に「さよなら」することになるのだから、


互いに生きている今、


とにかく心を込めて、 向き合い続けたい。






ジャニス・ジョプリンの遺作『パール』に、


「愛は生きているうちに」 という曲がある。



27歳の若さで亡くなった歌手の、そのアルバムを締めくくるナンバー。



死んだらもう、愛することができなくなるから、


こうして生きているあいだ、


この上ない愛をそそごう。




そして明日も、 全力で生き抜こう。





・・・ しかし最も厄介なのは、 「さよなら」が容易くできない、 己の慢心だ。


とくに最近は、

保身のために屈し、妥協を選んでしまうこの性格が忌まわしくて仕方がない。


こればかりは今後の表現活動をもって早々に訣別したいところだが、

まったく歯が立たず、呆れている。


もはや、

自己芸術の追求のために多大な犠牲を払った先人たちのような勇敢さが、

この私にはさっぱり欠落しているのではないかと、 落胆するばかりである。







-----------------------------------------------


● 無伴奏・独唱  歌イビト語ル


 4月19日(日) 銀座 月夜の子猫

  http://www.asumi.com/

  13:00〜17:00の間、
  30分のオープンマイク出演(¥1500)



 5月5日(火祝)

  所沢市「航空公園」 コミュニティカフェ すうぃーとはーと

  http://pbdc.sakura.ne.jp/sh-cafe/

  開場18時00分 / 開演18時30分  2500円(1ドリンク付き)

  中学生以下無料 限定25名様(予約制)

  ご予約フォーム⇒https://ssl.form-mailer.jp/fms/46319e0c231180



 8月2日(日) 札幌 la Fiesta(ラ・フィエスタ)

  http://www.ikubesa.com/shop/2128/

  ワンマンライブ/詳細後日











 
| - | - | 22:13 | category: Think |
How Does It Feel ?
Next Live !
【歌イビト語ル】


〜半年間、月イチのワンマン〜

★8月22日(火)夜 ほか

中野 鷺ノ宮
小劇場じゃがいも村

・各日限定30名様
▼ご予約受付中▼
こちらから!



☆詳細は
公式ページ

Categories
Mobile
qrcode
【動画公開中】
無伴奏・独唱
歌イビト語ル
『人生喜劇ブラボゥ』


Search this site
Sponsored Links