● 歌イビトの記。

 
 
無伴奏・独唱の【歌イビト語ル】こと、タッシー田代が記す、徒然。

※スマホ版は大変見づらいようです。最下部リンク[PC版に切り替え]からご覧下さい。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 神近まり、「トワイライトアベニュー767」卒業。







それまでの肌寒かった日々を抜け、



久々に穏やかな暖かさ。




「その日」の晴れた空の色や、流れる風の心地よさは、



なにかこう不思議と、とても「鴻巣らしい」といえるような天気だった。






神近まりが、


「トワイライトアベニュー767」のパートナーを卒業する日。





       〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜









番組リスナーの方々、番組関係者の方々にとっては、私も含め、


この時がついに来た、という気持ちでいっぱいの一日だったのではないか。







ちょうど森 律子の10周年放送(3/6)を過ぎて、

鴻巣メイキッスでのジョイントライブに向けて準備している頃から、

神近まりちゃんに贈るメッセージボードが企画され、各方面の方々への手配が進んだ。


ご協力頂いた多くの方々には、この場を借りて、心より御礼申し上げたい。











4月初旬からカードを収集しはじめ、

地方への郵送/返送、鴻巣での手配、都内での会合などを経て、

第三金曜になる頃には、だいぶ多くのカードが集まった。


放送の前夜になってやっと都内某所にてカードの貼りこみ作業が始まり、

飾りつけは放送当日の午前中に、急ピッチで行なわれた。

(ご本人が局入りしてからでは遅いのだw)









遠い将来・・・ いつの日か、


誰かが神近まりちゃんに、 こう尋ねたとする。


  「12年ものあいだ、

   ラジオのパートナーをやっていたそうですが、

   その経験から、何を得ましたか?」



そのとき、 『これです』 と、 堂々と代弁できうる物、 それに値する物を、


私は彼女にお贈りしたかった。











ずっと、 「最善を尽くすとは何か」 を、


絶えず模索、自問自答しながら過ごす日々でもあったように思う。







番組前の、いつもの打ち合わせ。


原稿の配分と下読み、企画内容の構成を、横並びで話し合う。



が、特にかっちり決め込むわけではなく、だいたい「くだらない会話」に終始し、

ほとんどが生放送中のぶっつけ本番、結局はいつも、アドリブ展開に及ぶ。



そんな光景も、これが最後。












それぞれが、様々な想いを抱き、生放送の3時間が始まろうとしていた。













番組パートナーが座る、通称 『赤マイク』 は、スタジオ内での “特別な存在” 。



アシスタントに着任した人は、必ずこのマイクの前に座る。

バンドさんがゲストのときはボーカルかリーダーが、

劇団さんがゲストのときは主催の方のマイクとなる。



番組における、 とても重要な役割を担う場所。

電波に声を乗せるエンターテイナーとして、 「選ばれた人」が座る場所。








かくして4月24日の生放送は始まった。



番組史上、前代未聞の、超大量の投稿数。


たくさんの爆笑、たくさんの涙、たくさんの「ありがとう」。









森りっちゃんや守友くんも手紙を書いて読んでくださり、

ノスケくんは神近まりちゃんの名曲「雨」を、トロンボーン1本で吹いた。


私からは、この番組 「3時間そのもの」 を、彼女に捧げた。




・・・・ 奇妙なカオス音源も数週間かけて作ったが(笑)



▼『カオス神近!永遠(トワ)に歌え!』
http://www.tashirotakashi.com/_twilight/kaoskamichika.mp3








そして、スタジオには多くのリスナー様が駆けつけてくださった。

そのご来訪者の数の多さも、番組としてはかつてなかったと思う。












そして、 この日の生歌は、 特別な二曲を織り重ねた歌。


神近まりちゃんの(私が特に大好きな)「一期一会」と、

私のオリジナル「Bye-Bye Friend」を、お互いに交換しあい、

もじったタイトル、 『いちごふれんど』 として歌わせて頂いた。





   これまでに出会えた中の

   ひとりでも もし欠けてたら

   いま君のそばでこうしてる

   あたしは居ないでしょう


                    よその街に急ぐから ここでお別れ

                    俺たちのことを待ってる人がいるんだ

                    楽しい話や素敵な夢を どうもありがとう

                    Bye-Bye My Friend, Bye-Bye Friend,

                    また会えるその日まで


   君を泣かせたあの日にも

   胸を切り裂く別れにも

   明日みる夢の続きにも

   すべてに意味があるから


                    長い別れになるけど よろしくやんなよ

                    たくさんの土産話 仕入れるから

                    そのときはまた 好きな音楽の話でもしよう

                    Bye-Bye My Friend, Bye-Bye Friend,

                    また会えるその日まで









番組は、どうにか無事に終わった。


60秒ごとに区切った、特別な進行表を作っておいて、何とかこなせた。


特別企画が目白押しな生放送というのは、本当に本当に大変だwww






さぁ、ここから先はもう打ち上げモード全開(笑)


いつもの居酒屋で大宴会となった。









もうとにかく、あれこれ構わず、呑むしかない(爆)












IZPさんより贈呈のコストコKING-SIZEケーキ、怒涛の入刀セレモニー!(笑)









笑いと涙と愛に包まれた一日。


私たちは一生、この日を忘れないと思う。







神近まりちゃん、本当にありがとう。


いただいたフライ・フラワーズ“刻銘”ボールペン、ずっと大切にします。


身体のことが心配ですが、どうかどうか、ご自愛のほど。







そうそう、また来月、

鴻巣の映画のロケでお会いしますので、どうぞよろしくですw



これからも、ずっとトワ金ファミリーとして、

また番組に遊びに(荒らしに)きてください。









★4月24日放送 トワイライトアベニュー767『神近まり 卒業特別放送』

 かつてない、3時間ほぼ丸々ストリーミングするページ

 ⇒ http://tassee-radio.jugem.jp/









-----------------------------------------------








 
| - | - | 23:54 | category: Radio |
How Does It Feel ?
Next Live !
【歌イビト語ル】


●トワ金1000回記念ライブ
 歌イビト語ル/真之輔/
 神近まり/フライフラワーズ
 →2019年12月7日(土)
  ※昼13時〜
  ※限定30名様
▼ご予約受付中▼
こちらから!



☆詳細は
公式サイト

Categories
Mobile
qrcode
【動画公開中】
無伴奏・独唱
歌イビト語ル
『人生喜劇ブラボゥ』


Search this site
Sponsored Links